Home > 編集スタッフ・プチ日記

2017.01.06(イベント)

広島のラジオ番組に
『パン屋のイーストン』作者がゲスト出演!

1月13日(金)「柏村武昭のだんRUNラジオ」(広島FM)に 絵本『パン屋のイーストン』作者
巣山ひろみ先生が出演決定!
広島発・パン屋さんが書いたパン屋さんの絵本の
お話をぜひ、チェックしてくださいね!
広島FM「柏村武昭のだんRUNラジオ」
11:30~12:55放送

番組ホームページ
(担当:HM)
手作りキャットタワー
樹里ちゃん ねこ

2017.01.05(その他)

『手作りキャットタワー完成!』

2017年春頃に発売予定の『森の美しいねこたち~地域猫~』(BD付・売上金一部寄付)。監修協力いただいている「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva」さんのご紹介で工藤が昨年11月から保護猫「樹里ちゃん」の里親になりました。
その樹里ちゃんに"いいお家認定"してもらえるように頑張って作ったキャットタワーはなかなかの出来栄え。 苦労してつくっても、高い猫ちゃんグッズを買っても使ってもらえないことって、猫あるあるの定番ですが、この手作りキャットタワーに関しては、すぐに使ってくれてがっかりせずにすんだようですね。ちょっとは"いいお家認定"されたかな?(笑)

やってきたその日からすっかりなついている樹里ちゃん。 あまりにかわいいので別ページに写真集めてみました。

写真をもっとみる

(担当:工藤/YO)

2016.05.23(その他)

『トルコキキョウ (Lisianthus)』の
蕾(つぼみ)です

花言葉:「すがすがしい美しさ」 「優美」「希望」
原産地はアメリカのテキサス州周辺が中心といわれているそうで、 日本に持ち込まれたのは1930年代です。 当時は紫色のみで一重咲きの小さな花を咲かせる品種でしたが、 1970年代以降、多彩な色や花形が楽しめるように改良が進み、 日本がユーストマ属の品種改良の中心となっています。 現在出回っている品種のほとんどが日本産で、 欧米などでも高い評価を得ているようですね。 名前の由来はつぼみの形がトルコ人のターバンのようで あるところからきているみたいです。 (担当:工藤)



今年は申ですが・・・

2016.01.05(その他)

会社の初詣

投稿が遅くなり正月が過ぎてしましましたが・・・(笑) 2016年1月5日は会社の初出勤!
と言う事で午前中はJR神戸駅駅前にある湊川神社に全員で参拝しようと言うことに。一人ずつお参りをして祈願をすませ、破魔矢や縁起物のだるまを購入。 帰りは全員でランチを食べ、その後は社に帰って
全員で 「大ヒットが出ますように~」
とお願いしながら、社長がだるまの目入れをしました。
・・・とにかく社長の目が真剣でした。(笑)
(⌒_⌒;ご報告でした。 (担当:工藤)

毎夜繰り広げられる狂騒のスカムパーティー

2015.10.29(音楽・イベント)

死ぬまでスカムパーティ

現地でしか体験できない文化があるのですが、その中でもアイドル文化は東京独自の感があります。アイドルブームと言われて久しいですが、一般的に知られているのはAKB48やももクロ、でんぱ組ぐらいではないでしょうか。でも、本当は70年代に東京ロッカーズがいたように、数々のアイドルが東京のアンダーグラウンドで蠢いているのです。

その東京アイドルシーンの中で、僕が推しているグループのひとつのがおやすみホログラム。90年代ギターポップ、グランジを昇華したクオリティの高い楽曲、突き抜け過ぎたパフォーマンス、屈折したリリック、狂気とクオリティがギリギリのラインで激突するオーディエンス。そしてホームグラウンドが新宿ロフトというのも、由緒正しきアンダーグラウンドの伝統を継承していると言えるのではないでしょうか。

彼女らのライブは轟音、酒、ダイブ&リフトに溢れ、僕にとっては最高に快適なスカムパーティーなんです。本当にヤバいものやエッジの効いたものは、PCの前に座ってググッてるだけじゃ得られないんですよね。常にエッジの効いた最前線にいて、自分の判断と責任でそのヤバさを反映させた本を作るのが、編集者の心構えだと思うのです。
(担当:KM)

谷崎潤一郎を熱く語るお二人

2015.10.22(イベント)

谷崎潤一郎を熱く語る

神戸三宮で、挿絵画家・岡田嘉夫先生とポーランドの谷崎文学研究家・マルツェリナさんが茶話会を催しました。

岡田先生には日頃お世話になっている弊社からも2名参加させていただき、いろいろな興味深いお話に大変有意義な時間を過ごす事ができました。

秋の午後にふさわしい楽しい茶話会でした。
(担当:K)