出版ワークス株式会社

本の紹介

ふきだしくん

山口哲司

作品紹介

おはなしすることは、ちょっとにがて。でも想像することは、すごくすき。

ある日、お話しすることのちょっと苦手な男の子が、お母さんにしかられます。それは、お母さんが大切にしている置物を、ねこのキャンディが壊してしまったからです。でも、それを言ったらもっと叱られました。
 
「もうぜったい ママとは はなさないぞ」
 
でも、その夜、彼は“ふきだしくん”と不思議な出会いをします。
そして“ふきだしくん”が連れて行ってくれる世界で、少しずつ彼の心には、ある変化が芽生え始めるのです。
 
「いっぱいおはなしできて、たのしかったなぁ・・・」
 
こうして彼は少しずつ、お話することの大切さを覚えていきます。
 
子ども達には色んな性格の子達がいて、中には少し引っ込み思案な子どももいます。でもどんな子どもでも頭の中は、豊かな想像力でいっぱいなのです。
そんな子ども達の一番の理解者は、お父さんやお母さんではないでしょうか?
この絵本は親子のための、コミニュケーションツールとして、全ページあっと驚く工夫がされ「何度も何度も読み返し、使える絵本」なのです。
 
作者はイタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選作家で、「ねこになりたい」の作者、山口哲司の第2弾作品です。新たに描く山口哲司の新境地の画風も魅力満載です。
 
<『ふきだしくん』販売ページはこちら>

作品情報
ジャンル子どもの本・絵本
発売日2019-12-20
定価1800円+税
判型・頁AB判・上製・48頁
ISBN978-4907108-45-8
こちらの本もおすすめ