~黒猫ラクと本屋の息子ソウタの奇跡の物語~

あなたのそばにいる犬や猫たちは偶然、出逢ったのですか?
すべての生命の不思議さをテーマにしています。
読み終えた後に続く感動が、あなたをそっと包みます。

野良猫だったラクが出逢ったのは、本屋のソウタくん。
ふたりは仲良しでいつも一緒でした。
でも寿命を迎え、天国の女神様に教えられたことは「猫には9回の生命があること。そしてその9回の間に、ラクだと気づいてもらえば、永遠の絆を得られること」でした。
ラクは何度も生まれ変わりソウタに逢いにいきます。でもソウタは一向に気づいてくれません。
8回目の生命も終わろうとする時・・・
ラクに起きた奇跡とは!?

本屋のラク表紙画像

本屋のラク〜9回生きた猫の話〜

文:くどうかずし 絵:やまぐちぴこ
帯・寄稿文:杉本彩 

発売日:6月30日
予価:1,800円
ISBN:978-4-907108-36-6 C8771
A4サイズ上製本 本文40ページ

購入する

本屋のラク帯

サンプルページ

作者紹介

文:くどうかずし
兵庫県生まれ。読書好きが高じて常に物語を紡ぐ少年時代を過ごす。フランスでの書店経営の経験から「座り読みスタイルの書店チェーン」や「ブックカフェ導入書店」などを展開し話題を呼ぶ。過去に学んだ編集知識や人脈をいかし2011年に出版社を設立。絵本を中心に様々なジャンルの本を出版し続けている。
絵:やまぐちぴこ
福岡県生まれ。九州大学経済学部卒。2016年10月イラストレーターとして独立。起業PRキャラクターや商品パッケージ、オリジナルグッズの製作など幅広く活躍。2017年に絵本『キミノトナリ』などを電子書籍で発売し好評を博した。

くどうかずし(文)からの言葉

この絵本のストーリーは、僕が子どもの頃に飼っていた「ラク」と名付けた猫を題材にしています。 勝手に家に入り込み、気がつくといつの間にか、家からいなくなっていた黒猫の話です。 「大好きだったのにどうしていなくなったのか?」そして「今、自分のそばにいる犬や猫たちも、何故、僕のそばにいるのか?自分が選んだのか?それとも犬や猫たちが自分を選んでくれたのだろうか?」そんな疑問からこのストーリーは生まれました。
そうして見つけた答えは「A cat has nine lives」~猫には9つの生命がある~ という古くから世界中にある言い伝えだったのです。
「何度も生まれ変わって逢いに来てくれているのに、自分が気づかなかっただけなのだ。そばにいる犬や猫たちとは出逢う必然性があったのだ」こう思えるようになりました。 こんな心が生み出す幻想は、現実の世界を生み出す力を持っている、とさえ思えようになりました。 1匹でも多くの生命が奇跡の出逢いに巡り逢えるようにと願いを込めて書きました。
また、ペットロスに悩む方々にとっても勇気をくれる絵本であり、さらには人と動物との愛のつながりの不思議さや生命の大切さを、再度大人も子どもも感じていただければ幸いです。    

オンラインストア

? おまけクイズ 何回目のラク?

主人公のソウタに会うために転生を繰り返し9回生きたラク。それぞれの愛らしい姿は何回目の姿でしょうか?

1回目

?

そして9回目の姿とは? 正解は絵本で確認してくださいね!

9回目の姿(毛色)がわかった方は、回答用フォームに答えとお名前、ご住所を入力し送信してください。正解された方には先着順で100名様にオリジナルポストカード(3枚セット)をプレゼントいたします。奮ってご応募ください。

回答用フォームへ

セカンドチャンス!!

当たらなかった方にも2度目のチャンスがあります。出版ワークスの直販サイトで『本屋のラク』~9回生きたねこのはなし~をお買い上げいただくと先着200名様にオリジナルポストカード(3枚セット)を商品発送時に同封プレゼントいたします。

※また絵本やポストカードにサインをご希望の方は、注文時、備考欄に「〇〇さんのサイン希望」とお書きください。

オリジナルポストカード