内容紹介

わたしの だいすきなもの おばあちゃんから もらった ブリキの おもちゃと まっかな りんご… なんだか ねむくなっちゃった…
女の子がおもちゃで遊んでいる
あれ あれ あれ? わたし りんごになってる!
りんご

女の子が真っ赤なりんごになって、ブリキのおもちゃワールドで繰り広げる数々の冒険。
懐かしくもレトロなタッチのイラストで描かれた癒やしの絵本。

歌手・アーチストの林明日香さんも帯メッセージや読み聞かせライブで応援してくれています。
<林明日香オフィシャルサイト>

絵本について

アヒルイラスト
ブリキの飛行機
ブリキのサル
クマの釣りイラスト

2001年、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に、この作品で入選するも、絵本としては未完成であったものです。
2015年、夭折したイラストレーター「たなかゆみこ」さん。
彼女は生前ブリキのおもちゃに魅せられて、レトロな世界観を描いた多くの秀作を残しました。

これら作品の技法は、線画を何度もコピーをして、レトロ風のアメリカンデザインのタッチを作り出し、その線画を部分ごとにデザインナイフでマスキングシートを切り出し、そのマスキングシートを使って、パーツごとに着色するという、とても手間のかかる驚異の技法を使ったものでした。

そして、2020年、いつも一緒にいた実の妹の「たなかみきこ」さんが、この作品の難題の未完成部分を、再現完成させました。
実は、この絵本に登場する女の子も、妹「たなかみきこ」さんが描いた姉「たなかゆみこ」さんそのものなのです。姉妹が絵本の世界で再会を果たした、まさに姉妹の絆が生んだ奇跡の絵本です。

巻末には、作中に登場するブリキのおもちゃの写真資料も掲載されています。

作品情報

まいごのりんご書影

まいごのりんご

原作:くまがいまゆみ
絵:たなかゆみこ たなかみきこ

A4変型・上製・36ページ
定価:1500円+税
ISBN :978-4-907108-62-5 C8771
2020年7月下旬刊行予定

購入する

熊谷 眞由美(くまがい まゆみ)

1986 年より大阪ブリキ玩具資料室スタッフ。
2009 〜2015 年まで「ギャラリーあしたの箱」主宰。
現在「ASHITA no HAKO」として展示やイベントの企画、ZINE の出版などを行っている。
大阪市在住。

田中 友美子(たなか ゆみこ)

大阪生まれ。嵯峨美術短期大学卒業。フリーイラストレーター。
2001年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選。
主な仕事は広告とテキスタイル関係。個展やグループ展で作品を発表。
2004 年から妹と二人で「絵画教室トイ・ボックス」を主宰。
志なかばに、2015 年ガンのため他界。

https://www.yuutoybox.com/

田中 美貴子(たなか みきこ)

大阪生まれ。京都市立芸術大学大学院修了。
個展やグループ展で油絵作品を発表ののち、2004 年から姉と二人で「絵画教室トイ・ボックス」を主宰。

  • ひいたんぴょんさんサンプルページ1
  • ひいたんぴょんさんサンプルページ2
  • ひいたんぴょんさんサンプルページ3
  • ひいたんぴょんさんサンプルページ4