おばあちゃんが残した愛のメッセージ

くまのボウボウ

たけちゃんは、おばあちゃんとお話するのが大好きな男の子です。
でも……大好きなおばあちゃんは、桜の花びらになって、たけちゃんの前からいなくなってしまったのです。
そんなある日、たけちゃんのもとに大きな荷物が届きました。
それは、おばあちゃんからの贈り物で、くまのぬいぐるみでした。
たけちゃんは、ぬいぐるみにボウボウと名付けます。ボウボウといっしょに暮らしてしていくうちに、たけちゃんは色々と大切なことを学んでいきます。

くまのボウボウ書影

くまのボウボウ

原作・絵:まきみち
文:くどうかずし

AB判・上製・40ページ・フルカラー
予価:1800円+税
ISBN :978-4-907108-48-9 C8771
2020年3月下旬刊行予定

購入する

原作・絵 まきみち

1961年、京都生まれ。京都在住。40代半ばから絵を描きはじめる。
2009年より、神戸「木星工房」にて酒井敏雄氏に版画等の指導を受ける。
2017年から、書籍の装画や挿絵を手がけ、同時に京都の「etoteえほん教室」に通い、絵本制作の基礎を学び、同時にイラストレーターとしての活動を続ける。
個展を開くたびに、日本人にはない独特のセンスと繊細なイラストが話題を呼び、ファンを増やし続けている新進気鋭の作家。今回の絵本が初のメジャー出版となる。

 くどうかずし

家業である会社に入社。5年間の渡仏時代を終え、日本で兄弟と共に書店チェーンを展開し成功をおさめる。
2010年全ての役員を退任。
2011年、株式会社出版ワークスを設立し、代表取締役に就任し、自ら企画・編集までを行い、多くの絵本・児童書などを送り出している。また文章作家としては、2019年絵本『本屋のラク〜9回生きたねこのはなし〜』(文・くどうかずし 絵・やまぐちぴこ)出版ワークス発行を出版。

  • くまのボウボウサンプルページ1
  • くまのボウボウサンプルページ2
  • くまのボウボウサンプルページ3
  • くまのボウボウサンプルページ4